アニメを久しぶりにリアルタイムで見る

リアルタイムといっても、録画した回を次回が始まるまでに見る、ということであり、それはリアルタイムとは言わないのだが、まあ、適当な言葉が思いつかないので。
見ているのはウマ娘プリティダービー。
一昨年ごろに競走馬を擬人化したゲームが出るという話をtwitterで見て、なんて野心的なw、と思ったことを記憶しているが、全く追いかけずにいたら、今期アニメ化していた。PAWORKSなのはちょっと意外。
時間もできたし冷やかし半分で見るかな、と見てみたら、思った以上に面白かった。
やっぱり、話をしっかり作ってあるうえ、史実とのリンクによって話が(勝手に)補強される、というのは、自分がはまりやすいポイントだ。
キャラ的にはサイレンススズカがいい。すごく強くて、こうなりたかった、みたいなところが具現化されているところが。昔競馬ゲームやってた頃は、サイレンススズカが活躍していた時代のはずなんだが、あんまり記憶にない。天皇賞秋の話は、アニメ見ながらネットで調べて知った。

今後の展開を楽しみに見ていこうと思う。

 

勢いで前のクールにやっていた、ゆるキャン△とよりもい(宇宙よりも遠い場所)も見た。
ゆるキャン△は、見ていて楽なアニメだった。盛り上がりも落ち込みもなく、ゆるかった。でも絵や話はしっかり作ってあって、無駄な不安感がない。こういう創作物があるから殺伐としたリアルを生きていける。けいおん!も好きだったし。
よりもいは、自分にマッチしていたわけではないが、次回が気になって最後まで見てしまった。報瀬がお母さんのPCを起動するあたりは泣けた。昔は何を見ても全く泣くなんてことはなかったのに、CLANNADアフターで泣いてから以後、結構簡単に泣くようになった。泣くとすっきりできていいし、もっと自分は泣いたほうがいい。

 

映画やアニメを見て、笑ったり泣いたりしよう。