QNAP TS-231Pの外部ストレージバックアップが失敗(したけど解決済)

QNAPのNAS(TS-231P)で外部ストレージ(USB接続のHDD)へのバックアップが失敗したので、その対応メモを残す。

 

NASファームウェア更新をしてみようと思いたち、その前に外部ストレージにバックアップを取ってみたら、「エラーにより中断しました」と出て終わらない。

ログを見ると、以下のメッセージが出て、正常終了していない。外部ストレージにファイルは保存されているので、終了処理のみできていないのかもしれないと思った。

 Destination does not support changing file mode!
 Destination does not support changing file owner!

ログの文字列で検索をかけると、外部ストレージのフォーマットをext4にすると改善した事例があったので、しぶしぶNTFSext4に再フォーマットして、再度バックアップを実行した。(ext4にするとWindowsで読むとき面倒なので、あまり使いたくない)

しかし、今度も「エラーにより中断しました」と出て終わらなかった。

ログを見ると、バックアップしたファイル名は全部出ていて、終了処理のログは出力されていない状態だった。

ファームウェアを4.3.4.0435にバージョンアップしてみて、再度バックアップしてみたが、結果は変わらなかった。手堅くするならファームウェアを新しくするのではなく、バックアップが成功していたバージョンに戻すべきなんだが、実質バックアップはできているので最悪そこから戻せるだろうと思って。

 

FAQやマニュアルも一通り見たものの、もうわからんとなったので、管理画面のヘルプデスクからQNAPに直接問い合わせしてみた。日本語で問い合わせ文章を書いて、画面キャプチャとsyslogを送ったら、翌営業日の午前中に英語メールで返事が返ってきた。

回答は、もともと入っている「バックアップマネージャ」を利用せずに、App Centerから「hybrid backup sync」をインストールしてそれを使えとのこと。原因については何も言及されず、対策のみだった。まあ対応策教えてもらえたのでいいか。

回答にあったように「hybrid backup sync」をインストールし、外部ストレージをNTFSに再フォーマット後、バックアップジョブを作成して実行。無事正常終了した。

 

粘らずにさっさと聞いたのがよかったのかもしれないが、なんだかすっきりしない終わり方。まあ決着がついたのでよしとするか。